さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2009年07月31日

党内はなおドタバタの状況

 ----------------
  <自民党>マニフェスト発表 
   党内はなおドタバタの状況
    (7月31日配信 毎日新聞・野原大輔)
 --------------------

 衆院解散から10日たった31日、
 自民党がようやくマニフェスト
 (政権公約)を発表した。

 「選挙戦では堂々と政策論争を行うべきだ」
 (伊吹文明元幹事長)と主張しながら、
 地方選の連敗に伴う党内の混乱などが長引き、
 マニフェストの策定作業は停滞。

 発表当日の31日には、
 佐賀3区の公認争いで敗れた
 広津素子前衆院議員が離党するなど、
 党内はなおドタバタの状況だ。

 麻生太郎首相(自民党総裁)は31日の記者会見で、民主党のマニフェストについて「けた違いのばらまき政策で、まったく夢物語だ」と厳しく批判した。一方で、自民党のマニフェストに関する記者団の質問に答えたのは園田博之政調会長代理。首相は理念以外の質問について回答を避け、党総裁としてのアピールは今一つだった。

 自民党内では東京都議選の惨敗後、麻生首相の責任を求める声が拡大。党幹部からも「首相が退陣し、策定中のマニフェストは無意味になるかも」との冗談が出るほどだった。選挙戦に危機感を強める派閥幹部からは「もっと思い切った政策を打ち上げ、少しでも民主党との差を縮めないとだめだ」との注文が相次ぎ、調整が遅れていた。

 マニフェストを了承した31日の自民党総務会では、焦点の世襲制限を巡り、「立候補する機会は平等であるべきだ」との慎重論が出て、30分で終える予定が3倍の1時間半に長引くなど、党内の求心力は高まらないまま。首相は「日本に責任を持つ」と訴えたが、公約に掲げた政策は国債発行への依存を脱しきれず、「バラマキ」の印象はぬぐえないものとなった。



  お読みになりましたらぜひクリックをお願いします。
    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ  
Posted by おだっちのなたね油 at 23:00Comments(0)政  治

2009年07月31日

民主党マニフェスト/農業壊滅 批判に大あわて

 ---------------------- 
  民主党マニフェスト/“日米FTA締結”明記/
  農業壊滅 批判に大あわて
   (2009年07月31日提供:しんぶん赤旗)
 ----------------------

 民主党が27日発表したマニフェスト(政権公約)に「米国との間で自由貿易協定(FTA)を締結」すると明記したことが、農業関係者の反発を呼び、各党から批判を受けるなど、大きな波紋を広げています。批判の強さに驚いた民主党は、対応に追われています。


 日本農業新聞は28、29両日、民主党マニフェストを大々的に報じ、「許されない日米FTA」と題した29日付の論説は、「米国とのFTA締結は米国依存を強め、食料安保上の危険さえある」と警告しました。


 日本共産党の志位和夫委員長は28日、記者団の質問に答え、「米国とのFTAは日本農業を壊滅させる。絶対に反対だ。そんな道に踏み込んだら食料自給率がかぎりなくゼロに近づくことになりかねない」と批判しました。


 農林水産省の試算によると、経済連携協定(EPA)やFTAで関税などの国境措置が撤廃された場合、日本の農業総生産額の42%に相当する3兆5959億円が失われ、食料自給率が12%に低下します。米国とのFTAが、日本の農業に大打撃を与えることは必至です。


 批判に対し、民主党の29日の声明は、「日本の農林漁業・農山村を犠牲にする協定締結はありえない」と釈明しました。菅直人代表代行も同日の記者会見で、「米などの主要品目の関税をこれ以上、下げる考えはない」などと述べました。

 しかし、世界最大の農産物輸出国であり、金額でみて日本の農産物輸入の32・5%(08年)までを占める米国とのFTAが、農産物抜きで成り立つはずがありません。実際、日本経団連アメリカ委員会と在日米国商工会議所(ACCJ)が21日発表した共同声明も、「FTAプラス」の協定として日米EPAを求め、実施すべき非関税措置の中に農業分野を含めています。


 民主党はこれまで、「あらゆる分野で自由化を推進する」(「政権政策の基本方針」2006年12月)という立場で、“自由化”を前提に、「米がたとえ一俵5000円になったとしても、中国からどんなに安い野菜や果物が入ってきても」(07年の政策ビラ)、「所得補償制度」を導入すればよいとしていました。



  お読みになりましたらぜひクリックをお願いします。
    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ  
Posted by おだっちのなたね油 at 21:45Comments(0)政  治

2009年07月31日

    すこし伸びすぎか?・・・・

   長雨と日照不足で町内の大豆など畑地には水が溜まり

   中耕除草作業など肥培管理の
 
   農作業や生育が大変遅れています。


   

   我が家の枝豆用の大豆は80cm近く伸びで

   花も咲き始めてきました。

   すこし伸び過ぎではないかと思っていますが?・・・

   

   小豆も花が咲き始めています。

   



  お読みになりましたらぜひクリックをお願いします。
    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ  
Posted by おだっちのなたね油 at 21:18Comments(0)出来事

2009年07月31日

やっぱり秋まきです

  秋まきの菜種を0.5aほど

  4月30日に春まきをしてみました。

  5月下旬から害虫の「コナガ」が

  株間を歩くと相当の数飛んでいて

  幼虫が葉っぱを網の目のように

  食い荒らしていました。

  

  7月中旬からぽつぽつと菜の花が咲き始めましたが

  花の数が少なくぱらぱらの状況になっています。
 
  「コナガ」や青虫などの害虫が非常に多く発生しています。

  


  

  秋まきの菜種は播種すると

  雑草の繁茂もなく収穫の刈り取りまで

  手間が掛からず収穫が出来るため一番の適地適作のようです。




  お読みになりましたらぜひクリックをお願いします。
    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ  
Posted by おだっちのなたね油 at 20:14Comments(0)出来事

2009年07月30日

昨日に引き続き起耕作業

       昨日に引き続き菜の花播種地の起耕作業です。
  


  


  


  

    国道228号線町内大崎地区から町道八幡野線を
    約400m付近の右側道路沿いに菜の花を播種しますので、
    来年のGWは菜の花のイエロ-ロ-ドになるでしょう 
  


  


        「夜明けの塔」の前側も起耕しました。
  


  



  お読みになりましたらぜひクリックをお願いします。
    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ  
Posted by おだっちのなたね油 at 20:41Comments(0)出来事

2009年07月29日

マニフェスト酷評うけ公約に追加

 ---------------------
  国・地方協議、公約に追加=
  「27日発表分は正式ではない」-民主代表
   (7月29日16時55分配信 時事通信)
---------------------

 民主党の鳩山由紀夫代表は29日、同党の衆院選マニフェスト(政権公約)に、国と地方の協議機関の法制化を追加する考えを明らかにした。協議機関設置を盛り込まなかったことに橋下徹大阪府知事や全国知事会の不満を踏まえた異例の措置だ。熊本県菊陽町で記者団の質問に答えた。

 鳩山氏は「この間(27日)出したのは政権政策集で、正式なマニフェストは公示日からしか配れない」と述べ、追加は可能と強調した。

 鳩山氏のこの発言について、麻生太郎首相は29日午後、「常識的には考えられない。聞いた方は混乱する」と述べ、マニフェスト軽視として批判した。災害視察のため訪れた福岡県那珂川町で記者団の質問に答えた。

  -------------------
  橋下知事 民主マニフェストを酷評
  「地方への配慮欠く」
   (7月28日15時48分配信 産経新聞)
--------------------

 民主党の衆院選マニフェスト(政権公約)について大阪府の橋下徹知事は28日午前、自身が強く訴えている「国と地方の協議の場」の法制化が盛り込まれていないとして、「民主党は(東京都議選での圧勝などで)勢いづくあまり地方への配慮を欠いた」と酷評した。民主党の分権構想に対するこれまでの評価を大きく転換した形で、橋下知事らの「首長連合」がどの政党の支持を表明するかに影響を与える可能性もある。

 全国知事会が各党のマニフェストを点数評価する際、「協議の場」法制化には100点満点中30点が配分されることになっており、橋下知事は「この部分の点数はゼロになる」と強調。

 「本気で霞が関を変えようという迫力は伝わる」と一定の評価を示しながらも、「地方にとってのメリットは今回のマニフェストの中にはない」と訴えた。  
 「協議の場」については、すでに公表されている公明党のマニフェストでは「分権会議(仮称)」として明文化されている。



  お読みになりましたらぜひクリックをお願いします。
    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ  
Posted by おだっちのなたね油 at 21:11Comments(0)政  治

2009年07月29日

菜の花播種地起耕

 

 8月22日菜の花を播種予定地している
 
 風力発電風車が2基設置されている一区画3haの採草地箇所を

 今日午後から90馬力のトラクタ-で3連プラオを引いて

 起耕をはじめました。

 


 


 



  お読みになりましたらぜひクリックをお願いします。
    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ  
Posted by おだっちのなたね油 at 20:42Comments(0)出来事

2009年07月27日

消費税、議論行う=方針修正

 ----------------------
  消費税、議論行う=鳩山民主代表が方針修正
 ----------------------

 民主党の鳩山由紀夫代表は27日午後の記者会見で、政権交代が実現した場合、4年間は消費税の議論を凍結するとの自らの主張について「将来に関する議論を一切行うべきでないと曲解された。訂正したい」と述べ、方針を修正した。

 鳩山氏はまた、政権交代で首相に就任しても、マニフェスト(政権公約)を実現できない場合は「政治家として責任を取る」と明言した。 (2009/07/27)



 ------------------
 民主マニフェストの要旨
 民主党が27日発表したマニフェスト
 ------------------

 【鳩山政権の政権構想】の要旨は次の通り。
 〈5原則〉
 ▽原則1 官僚丸投げの政治から政治家主導の政治へ
 ▽原則2 政府と与党を使い分ける二元体制から、内閣の下の政策決定に一元化へ
 ▽原則3 各省の縦割りの省益から官邸主導の国益へ
 ▽原則4 タテ型の利権社会からヨコ型のきずなの社会へ
 ▽原則5 中央集権から地域主権へ。

 〈5策〉
 ▽第1策 政府に大臣、副大臣、政務官(政務三役)、大臣補佐官などの国会議員約100人を配置し、政務三役を中心に政治主導で政策を立案、調整、決定

 ▽第2策 各大臣は内閣の一員としての役割を重視。「閣僚委員会」の活用により、閣僚を先頭に政治家自ら困難な課題を調整。事務次官会議は廃止

 ▽第3策 官邸機能を強化し、首相直属の「国家戦略局」を設置し、官民の優秀な人材を結集して、新時代の国家ビジョンを作り、政治主導で予算の骨格を策定

 ▽第4策 事務次官・局長などの幹部人事は、政治主導の下で業績の評価に基づく新たな幹部人事制度を確立。政府の幹部職員の行動規範を定める

 ▽第5策 天下り、渡りのあっせんを全面的に禁止。国民的な観点から行政全般を見直す「行政刷新会議」を設置し、すべての予算や制度の精査を行い、無駄や不正を排除。官・民、中央・地方の役割分担の見直し、整理を行う。国家行政組織法を改正し、省庁編成を機動的に行える体制を構築。

 【五つの約束】
〈1〉無駄遣い 国の総予算207兆円を全面組み替え。税金の無駄遣いと天下りを根絶。議員の世襲と企業・団体献金は禁止し、衆院定数を80削減。

〈2〉子育て・教育 中学卒業まで1人当たり年31万2000円の「子ども手当」を支給。高校は実質無償化し、大学は奨学金を大幅に拡充。

〈3〉年金・医療 「年金通帳」で消えない年金。年金制度を一元化し、月額7万円の 最低保障年金を実現。後期高齢者医療制度は廃止し、医師の数を1.5倍にする。

〈4〉地域主権 「地域主権」を確立し、第一歩として、地方の自主財源を大幅に増やす。農業の戸別所得補償制度を創設。高速道路の無料化、郵政事業の抜本見直しで地域を元気にする。

〈5〉雇用・経済 中小企業の法人税率を11%に引き下げ。月額10万円の手当付き職業訓練制度により、求職者を支援。地球温暖化対策を強力に推進し、新産業を育てる。

 【政策各論】
〈1〉無駄遣い 特別会計は必要不可欠なもの以外廃止▽独立行政法人は全廃も含めて 抜本的見直し▽霞が関の天下り団体となっている公益法人は原則廃止▽随意契約、指名競争入札を実施する場合は徹底的な情報公開を義務付け▽国家公務員の総人件費を2割削減▽参院定数は衆院に準じて削減▽役割を終えた租税特別措置は廃止し、必要なものは恒久措置に切り替え。

〈2〉子育て・教育 出産時に55万円まで助成▽公立高校生のいる世帯に授業料相当額を助成▽私立高校生のいる世帯に年額12万円(低所得世帯は24万円)を助成▽大学生などに希望者全員が受けられる奨学金制度を創設▽生活保護の母子加算を復活▽教員養成課程を6年制とする。

〈3〉年金・医療 「消えた年金」問題への対応を国家プロジェクトと位置付け、2年間集中的に取り組む▽年金制度を一元化し、所得比例年金と最低保障年金を創設する法律を2013年までに成立▽社会保険庁は国税庁と統合して「歳入庁」とする▽社会保障費2200億円の削減方針は撤回▽医療従事者の増員に努める医療機関の診療報酬を増額▽介護労働者の賃金を月額4万円引き上げ。

〈4〉地域主権 国から地方への「ひもつき補助金」廃止。地方が自由に使える一括交付金化▽国の出先機関を原則廃止▽国直轄事業の負担金制度廃止▽自動車関連諸税の暫定税率廃止▽将来的にガソリン税、軽油引取税は「地球温暖化対策税(仮称)」として一本化、自動車重量税は自動車税と一本化、自動車取得税は廃止▽畜産・酪農業、漁業にも所得補償制度導入▽森林管理・環境保全直接支払制度導入▽郵政株式売却凍結法を成立させ、郵政事業の4分社化を見直す。

〈5〉雇用・経済 「中小企業いじめ防止法」を制定▽原則、製造現場への派遣を禁止▽最低賃金の全国平均1000円を目指す▽温室効果ガス排出量は2020年までに1990年比25%減、2050年までに60%超減を目標とする。

〈6〉消費者・人権 ビデオ録画などにより取り調べ過程を可視化する。

〈7〉外交 緊密で対等な日米関係を築く▽日米地位協定の改定を提起し、米軍再編や在日米軍基地のあり方についても見直しの方向で臨む▽東アジア共同体の構築を目指す▽北朝鮮に核・ミサイル開発を放棄させるため、貨物検査の実施を含め断固とした措置を取る▽北東アジア地域の非核化を目指す。

〈8〉憲法 憲法に足らざる点があれば補い、改めるべき点があれば改めることを国民に提案。国民の多くが改正を求め、かつ国会内の広範かつ円満な合意形成ができる事項があるかどうか、慎重かつ積極的に検討していく。
 (2009/07/27)



  お読みになりましたらぜひクリックをお願いします。
    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ  
Posted by おだっちのなたね油 at 21:20Comments(0)政  治

2009年07月27日

民主党のマニフェスト

 年31万円の子ども手当
 =ガソリンなど暫定税率廃止-民主が政権公約
   (7月27日17時35分配信 時事通信)

 民主党の鳩山由紀夫代表は27日午後、都内のホテルで記者会見し、衆院選のマニフェスト(政権公約)を発表した。1人当たり年額31万2000円の子ども手当創設や公立高校無償化、ガソリン税をはじめとした暫定税率廃止など生活支援策を前面に掲げた。財源は徹底した無駄の排除や特別会計の「埋蔵金」活用で捻出(ねんしゅつ)するとした。

 政権構想も盛り込み、「政治主導」確立のため、国家ビジョンや予算の骨格を策定する首相直属の「国家戦略局」の設置を打ち出した。鳩山氏は記者会見で「このマニフェストで政権交代を懸けた戦いをする。目的は国民主役の政治をつくることだ」と強調。公約が実現できない場合は「政治家として責任を取る」と不退転の決意を表明した。

 マニフェストは、「無駄遣い(根絶)」「子育て・教育」「年金・医療」「地域主権」「雇用・経済」を「五つの約束」に掲げた。

 子育て・教育対策では、中学生までを対象とした1人月2万6000円の子ども手当を創設し、2010年度は半額、11年度から満額支給するとした。公立高校の授業料は10年度から無償化し、私立高校生には年間12万~24万円を助成する。生活保護の母子加算も復活するとした。

 地域主権では、ガソリン税など暫定税率を10年度に廃止し、2.5兆円の減税を実施。高速道路無料化は10年度から段階的に始めて、12年度に完全実施。農家への戸別所得補償は11年度から行う。

 これらの政策実現に必要な予算は、政権交代から4年後の13年度には16.8兆円になると積算。公共事業、各種補助金見直しなど無駄削減で9.1兆円、財政投融資特別会計の運用益など埋蔵金活用、政府資産売却で5兆円、所得税配偶者控除廃止などで2.7兆円を確保するとした。消費税引き上げには触れていない。 

子ども手当の創設と所得税(国税)の控除見直しによる影響

○中学卒業までの子どものいるすべての世帯で、手取り収入が増える(約1100万世帯)。
○単身世帯、子どものいない共働き世帯に影響は無い。

●子どものいない65歳未満の専業主婦世帯の内、納税世帯では税額が若干増える(対象は推定で全世帯の4%未満)。増加額は、平均的な収入(年収437万円)の世帯で年間1万9000円(月額1400円程度)。

<子ども手当創設/所得税制改革による手取り収入の変化>単位:万円

 給与収入300万円の世帯の場合
  子ども無し   -1.9
  子1人(2歳児) +15.4
  子2人(小学生と中学生) +45.1

 給与収入500万円の世帯の場合
  子ども無し   -3.8
  子1人(2歳児) +13.4
  子2人(小学生と中学生) +42.7

 給与収入600万円の世帯の場合
  子ども無し   -3.8
  子1人(2歳児) +11.6
  子2人(小学生と中学生) +39.4

○年金受給世帯の税負担額は現在より軽減される。配偶者控除は廃止するが、公的年金等控除の拡大、老年者控除の復活により、手取り収入額は増加する。
○住民税(地方税)の配偶者控除、扶養控除は見直しの対象とせず、現状のままとする。



  お読みになりましたらぜひクリックをお願いします。
    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ  
Posted by おだっちのなたね油 at 20:58Comments(0)政  治

2009年07月27日

長雨で農作物の生育不良と被害

    7月も残り4日
    例年なら真夏の太陽が照りそぐ
    日々であったはずですが、
    今年は異常です。

    7月の月は今日までに
    1週間と晴れた日がありません。

    上ノ国町内の畑地や転作田の
    農作物は大変な状況になっています。

 
    例年なら早出し馬鈴薯は
    7月中旬までには掘り起こして
    出荷し終わっていますが、
    起こすことが出来ずにいます。
    畝間に水が溜まりマルチの中で
    馬鈴薯の腐敗が進んでいます。
 


    6月の干ばつで大豆が発芽せず
    2度目の植え付けをした大豆畑は
    長雨にたたかれ生育が著しく遅れた大豆畑です。
 


    多少の生育の遅れがあった大豆畑も
    中耕除草が出来ず雑草に埋まってしまった大豆畑。
 


    輪作作物として導入したハトムギも
    適期の6月上旬に播種していると
    例年なら30cm以上伸びているのに
    播種の遅れと長雨で10~20cmより伸びていません。
 

    1日も早い天候の回復がまたれていますが、
    長雨により適期の農作業ができず
    農作物の生育の遅れなどで
    農家にとっては大変な出来秋に
    なってしまうのではと心配でなりません。



  お読みになりましたらぜひクリックをお願いします。
    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ  
Posted by おだっちのなたね油 at 16:26Comments(0)出来事

2009年07月26日

「おもてなしをさせていただいています」です

 

 道の駅「もんじゅ」に、町内の農畜水産物を販売する物産センタ-が6月20日にオ-プンして5週間が過ぎました。
 町内外から新鮮な農水産物を買い求めるために、お客さんが訪れています。

 物産館の運営は「上ノ国町物産センタ-連絡協議会」と町及び第3セクタ-の上ノ国町観光振興公社が連携して取り組んでいくことになっています。

 物産センタ-連絡協議会は、生産者の組織ですので出荷された商品の品質管理や売り上げ管理、出展者の出荷調整と価格の調整及び物産館の管理運営を行います。

 町は、販売スペ-スの提供等や協議会などの連携サポ-ト体制の強化。

 振興公社は、協議会事務局を担当、商品の売り込み、PR活動、特産品販売などのイベントを企画することにしています。

 物産センタ-は、町内で生産される安心・安全・新鮮な農水産物やその他の特産品を提供と生産者と消費者の交流を通じて、特産品の販路拡大と地域産業活性化を図ることを最大の目的にしています。

 物産館開設後2週間余りの売り上げは、1日当たり8万円以上だったとのことです。
生産者の皆さんは朝取り農産物や加工品などそれぞれ工夫をしながお客さんに喜んでもらえるよう一生懸命に努力をなされているようです。

 

 物産センタ-連絡協議会は、商品の品質管理や出荷調整、適正な価格調整等を密にして取り組んでいかなければなりません。そためには、町内外の商品の品質調査や価格調査をして、適正な価格表示をしていかなければお客さんの足がだんだんと遠のいて行きます。

 販売されている農産物の中には、エッと思われるような品物に、エッと息をのむような価格が表示されているものがある様に見受けられています。
 はじめから「儲けてやろう」、売れればいいと言うその姿は、お客さんにとっては最悪のシナリオです。

 多くのお客さんに、わざわざ物産センタ-まで車で足を運んでもらわなければ、買って頂くことができません。

 また、新鮮な物は当然のことであり、「安全・安心」な農畜水産物、加工食品をどの様にして生産し、出荷しているのかをより消費者に分かるようにしていくことは、当たり前のこととしなければなりません。

 この5週間余りを経過する中で私が感じたことは、物産センタ-の運営に当たる物産センタ-連絡協議会、上ノ国町、上ノ国町観光振興公社がの3団体が、開設目的の特産品の販路拡大、地域産業活性化のために、タ-ゲットのお客さんを道の駅を利用する観光客と近隣住民としています。

 一番大事なことは「一にも、二にも、三にも、すべてお客さんにおもてなしをさせていただいている」と言うことを肝に銘ずることです。

 そのことが「出品している品物」から、「価格」から、関係する各団体の所属者全員から、滲み出ていなければならないものではないでしょうか。

 「儲けよう」「儲けよう」焦る思いにならないこと。「喜ばれる品物をだれからも喜ばれる価格」でお買いもとめていただくことです。

 生産者の皆さんは、お客さんに「物を売っている」ではなく、くどいようですがお客さんに、「おもてなしをさせていただいている」の感謝の気持ちです。

 物産センタ-が開設された後、まだ3団体が全員集まって協議をしたとは聞こえて来ませんので心配です。サポ-ト体制を強化する責務を負っている町の姿勢が問われなければと思います。



  お読みになりましたらぜひクリックをお願いします。
    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ  
Posted by おだっちのなたね油 at 20:52Comments(0)思  い

2009年07月25日

開いた口が締まらない

 2050年には日本は2.5人に1人が65歳以上という
 超高齢社会になっていくとの推計がなされています。

 麻生首相
 またまた失言ではすまされないことを口走った。

 日本青年会議所主催の会合で
 「元気な高齢者をいかに使うか。
 この人たちは皆さんと違って、
 働くことしか才能がないと思ってください。」

 「働くことに、絶対の能力がある。
 80歳過ぎて遊びを覚えても遅い。
 働ける才能をもっと使い、その人たちが働けば、
 その人たちは納税者になる」と述べたことが
 報道された。

 さて、主催者の日本青年会議所はいかに・・・
 である。

 国政を司ってきた麻生首相
 大多数の高齢者の皆さんが
 どんな苦しみに喘いでいるのかを
 知るすべも知らない一国の総理大臣なのか。

 「ただただあきれて、
 あいた口も締まらない」と言った
 政界を引退した元首相もいたではなかったか---


  -------------------
  野党、首相発言を一斉批判=
  「高齢者侮辱」「生活見てない」
   (7月25日17時52分配信 時事通信)
 --------------------

 野党幹部は25日、麻生太郎首相が高齢者に関し「働くことしか才能がない。80(歳)過ぎて遊びを覚えても遅い」などと発言したことを一斉に批判した。

 民主党の鳩山由紀夫代表は25日午後、大阪府柏原市での街頭演説で「私の母は、85(歳)を過ぎてから韓流スターに会いたいとハングルを勉強し始めた。人生はまさにいろいろある。働くしか才能がないという言い方はどう考えてもおかしい」と非難。
 その上で、高齢者の生活を保障するためにも年金記録漏れ問題の解決に努める考えを強調した。

 共産党の志位和夫委員長は党本部でのインタビューで「(高齢者を)侮辱するような発言だ。国民の苦しみや願い、痛みに対してあまりにも鈍感で、そういうものに心を寄せる姿勢がない」と述べた。

 社民党の福島瑞穂党首は、取材に対し「首相は、いろんな人がいるのに十把一からげにして人々の生活を見ていない。自民、公明両党に政権を担当する資格はない」と断じた。 


 ---------------------
  <麻生首相>高齢者
  「働くことしか才能がない」…会合で発言
   (7月25日11時39分配信 毎日新聞)
 ---------------------

 麻生太郎首相は25日、横浜市内で開催された日本青年会議所(JC)主催の会合であいさつし、「元気な高齢者をいかに使うか。この人たちは皆さんと違って、働くことしか才能がないと思ってください。働くことに、絶対の能力がある。80歳過ぎて遊びを覚えても遅い。働ける才能をもっと使い、その人たちが働けば、その人たちは納税者になる」と述べた。

 高齢者にも働いてもらい活力ある長寿社会を作ろうとの持論を述べたとみられるが、誤解を受ける表現に批判も出そうだ。

 首相はまた、09年度補正予算で建設費が計上された国立メディア芸術総合センター(アニメの殿堂)については、「そういう援助をしようとしたら、国営マンガ喫茶にするんだと民主党や新聞は言った。この人たちの想像力はこの程度かと残念だったよ」と述べ、次期衆院選をにらんで民主党を批判した。【影山哲也】


  お読みになりましたらぜひクリックをお願いします。
    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ
  

Posted by おだっちのなたね油 at 20:46Comments(0)政  治

2009年07月25日

菜種落とし

 7月に入って1週間に2~3日大雨警報が
 発令される様な天候不順が続き
 農家の皆さんは畑に入ることができずにいます。

 マルチをかけて栽培している
 転作田の早出し馬鈴薯畑などは
 畝間に雨水が溜まり腐敗が起きています。

 畑に足を入れると長靴がズボット
 めり込みます

 大豆や小豆畑にもトラクタ-を入れて
 除草作業もできず雑草の中に埋まっている
 畑もあります。

 

  菜種の刈り取り作業も20日以前に
  刈り取り作業ができる状況でしたが
  雨続きで晴れ間を見ながら刈り取っています。

 

   倉庫内に運んだ菜種を2m余りの棒で
   たたいて実を落としました。

 

   落ちたなたねの殻の下に菜種の実があります。

 

   殻を手で取り除き小さな殻を穴のあいている
   雪かきを利用して篩い落としました。

 

   大まかに殻を取り除いた菜種です。
   細かい殻やゴミはトミにかけて
   飛ばす作業が残っています。


  お読みになりましたらぜひクリックをお願いします。
    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ  
Posted by おだっちのなたね油 at 17:19Comments(0)

2009年07月24日

県議会の戒め当然だ

 宮崎県議会の全員協議会で
 東国原英夫知事が厳しい批判をされたとのこと。
 県民のことを考えたら県議会として
 当然のことであろう。

 圧倒的支持で知事に当選に一期の任期
 半分も過ぎたか過ぎないうちに
 自民党から衆議選に立候補させるなら
 自民党を勝利させることができる。

 だから総裁候補とせよとか、
 全国知事会を1人で背負っているような言いぐさで
 知事会の地方分権に係る要求を全部のむことだ。
 など、
 人気者で票を稼ぐことができると
 国民を見くびった自民党の思いに
 党内だけでなく世論の批判の的にされ
 お互いに踊り踊らせられた醜態を示す
 結果となったのではないか。

 -----------------------
  国政転身騒動 「うぬぼれている」 
  宮崎県議会全員協議会 知事に非難やまず
       (=2009/07/24付 西日本新聞朝刊=)
 -----------------------

 言葉に重みがない。人気にあぐらをかいている‐。
 宮崎県の東国原英夫知事は23日、
 国政転身騒動について県議会全員協議会で陳謝し、
 釈明したが、知事の資質や政治姿勢に疑問を呈す
 県議たちの声はやまず、集中砲火を浴びる形となった。

 この日午後2時半から始まった
 全員協議会。東国原知事は、
 いつになく緊張の面持ちだった。
 県議の質問が相次いだのは、
 自民党から衆院選への出馬要請を受けた
 6月23日以降の知事の発言。

 (1)(衆院選に出馬しなかったら)
    残る任期をぷらーっとする
 (2)来年2月の予算編成で仕事は終わり
 (3)(後任の知事は)
    傀儡(かいらい)政権‐の真意をただした。

 東国原知事は「後継者を県民に問われ、
 安心してもらおうと『傀儡』と言った。
 今思えば不適切だったと反省している」と頭を下げたが、
 「うぬぼれている」と声を荒らげる県議もいた。

 一方で、「お笑いやバラエティー番組などの
 メディア露出が多すぎる」という指摘も。

 知事は「今後は番組の品格や質を精査する。
 宮崎に資するものを選び、最低限に控えたい」と
 神妙に答えていた。


  お読みになりましたらぜひクリックをお願いします。
    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ  
Posted by おだっちのなたね油 at 16:30Comments(0)政  治

2009年07月22日

どちらが空理空論か

 自民党は小泉政権以降、安倍、福田、
 そして麻生自公政権とつづき、
 自らの手で解散をするとした麻生首相が行った解散は、
 任期を目前にしたなかで、国民から見放された
 「追い込まれ解散」とならざるを得なかったものである。

 民主党の空理空論に日本の経済を
 まかせることができないというが、
 この4年間の自公政権によって
 国民生活の格差は未曾有に拡大した
 のではないか。

 自公政権の自民党と公明党こそ
 国民の命と暮らしを破壊した張本人ではないか。
 自分たちがこれまで行ってきた政治を
 政権政党としてなぜ、
 国民の前で堂々と誇ることができないのか。

 空理空論と他党を批判せざるを得ないところに
 自民党の終焉を自ら叫んでいるように
 聞こえてならない。

 ------------------
  首相「民主は空理空論」
  鳩山氏「新しい政治起こす」
   (7月22日18時41分配信 時事通信)
 ------------------

 8月30日投開票の衆院選に向け、自民、民主両党は22日、地方組織の幹部らを集め、選挙対策を協議した。自民党は、支持団体・組織の票固めを通じて巻き返しに全力を挙げる方針。これに対し、東京都議選圧勝などで勢いに乗る民主党は緩みを警戒、陣営の引き締めを図った。

 自民党は22日午後、都内のホテルで全国幹事長・政調会長会議を開催。麻生太郎首相(総裁)は、地方選連敗や自らの言動のぶれについて改めて謝罪し、「わたし自身を含めて生まれ変わった気持ちで、総選挙を一致団結して戦わなければいけない」と強調。

 さらに「財源を伴わない空理空論に日本の経済を任せるわけにはいかない。安全保障政策にまとまりのない政党に安全保障を任せるわけにはいかない」と、民主党批判を展開した。

 地方側からは、衆院解散をめぐる混乱への批判が出る一方、「前を向いて仕事してほしい」(福井県連)などの声が相次ぎ、結束して衆院選に臨むことを確認した。首相はこの後、全国農業協同組合中央会(JA全中)の茂木守会長、日本経団連の御手洗冨士夫会長と都内で個別に会い、衆院選への協力を要請した。


 一方、民主党も党本部で全国選挙責任者・実務担当者会議を開いた。鳩山由紀夫代表は「明治維新以来の官僚主導の政治を打ち払って、国民、市民が主役になり、政策を一つ一つ作り上げる新しい政治を起こす時だ」と政権交代への決意を強調。岡田克也幹事長は「長丁場で何が起きるか分からない。気を緩めないように」と述べた。

 出席者からは「与党が財源問題を批判しているので、しっかり説明できるようにしてほしい」と、政策面での対応を促す意見が出された



  お読みになりましたらぜひクリックをお願いします。
    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ
  

Posted by おだっちのなたね油 at 21:07Comments(0)政  治

2009年07月21日

ロイター通信・自民「歴史的敗北」も

 今日午後、衆議院解散に伴うマスコミ、
 報道機関の配信ニュ-スの一部を拾い上げてみた。

 ------------------
 自民「歴史的敗北」も=ロイター通信
  (7月21日18時25分配信 時事通信)
 ------------------

 【ロンドン21日時事】
 ロイター通信は21日、
 日本の衆院解散・総選挙に関し、
 「世論調査結果によると、(自民党は)
 歴史的敗北の危機にある」と報じた。

 その上で、民主党が勝利すれば
 「経済政策遂行の障害となっている
 国会のねじれ解消のチャンスとなる」とし、
 消費者優先、
 官僚からの政策に関する主導権奪還、
 米国と距離を置く外交などが
 行われるとの見方を示した。
 
 英BBC放送も「民主党勝利は、
 50年以上ほぼ一貫した自民党支配を終わらせる」
 と伝えた。 



  お読みになりましたらぜひクリックをお願いします。
    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ
  

Posted by おだっちのなたね油 at 20:31Comments(0)政  治

2009年07月21日

“ホームレス議員解散”

 ----------------------
  麻生首相きょう“ホームレス議員解散”
  (7月21日18時00分 / 提供:内外タイムス)
 ----------------------

 衆院はきょう21日午後1時開会の本会議で解散され、
 事実上の選挙戦に突入する。

 党内の異論を押し切り、
 どうにかこうにか自らの手で念願の解散に
 持ち込むことのできた麻生太郎首相。

 識者からは、首相や自民党に厳しい
 ネーミングが相次いだ。

 永田町関係者は、
 複数のメディア分析で自民党議員の多くが
 議席を失うとの予測が出ていることから
 “ホームレス議員解散”と命名した。



  お読みになりましたらぜひクリックをお願いします。
    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ


  

Posted by おだっちのなたね油 at 19:40Comments(0)政  治

2009年07月21日

大物逃亡“地獄絵図”

 --------------------
  衆院解散! 大物逃亡
  分裂必至の自民“地獄絵図”
  (7月21日(火)17時0分配信 夕刊フジ)
 --------------------

 衆院は21日午後、解散され、天下分け目となる真夏の総選挙(8月18日公示、同30日投開票)の火ぶたが切られた。地方選連敗や「麻生降ろし」のドタバタ劇で内閣支持率も急落、麻生太郎内閣や自民党への厳しい批判が吹き荒れる中、自公連立政権が継続するのか、民主党が政権交代を実現するかが焦点。「反乱軍」が分裂選挙を仕掛けた場合、自民党は150議席台という壊滅的打撃を受けそうだ。

 【与謝野以下、全員が署名】

 「未来に向かい、安心で活力ある社会を実現しなければならない。国民のさらなる理解が必要で、国民の信を問うため解散を決断した」

 首相は21日午前8時からの閣議で、こう表明した。閣僚はこれを受け、解散の閣議書に署名した。「閣内ナンバー2」ながら首相を裏切り、自発的退陣を促すなど、その動向が注目された与謝野馨財務相も従った。

 その後、党本部で注目の両院議員懇談会が公開で開催された。当初、非公開の予定だったが、一部閣僚が「国民注視の中でやるべきだ」と諫言し、首相も「逃げも隠れもしない。公開で結構だ」と応じたという。ただ、記者が殺到したため、カメラだけが入室可という変則的な公開となった。

 首相は冒頭、「私の発言はぶれたと言われた。国民に政治不信、不安を与え、結果として自民党の支持率低下につながった」などと陳謝。そのうえで、経済対策の成果を強調し、総選挙に結束して臨むよう呼び掛けた。

 中川秀直、武部勤両元幹事長ら「反乱軍」は先週、「人心一新が必要」「バカ太郎解散は許せん」などと首相を揺さぶったが、腰くだけなのか沈黙した。

 その後、午後1時からの衆院本会議で、河野洋平議長が解散詔書を読み上げて衆院は解散、議場では万歳三唱がわき起こった。

 「麻生首相は北朝、われわれは南朝」

 かつて首相の盟友といわれながら、郵政問題でたもとを分かち、「反乱軍」入りした鳩山邦夫前総務相は先週末、地元・福岡でこう語り、総選挙に分裂状態のまま突入する可能性を示唆した。
 背景には、麻生内閣や自民党に対し、有権者が三くだり半を突き付けている現状がある。

 【中川秀、武部ら「反乱軍」沈黙】

 解散直前の世論調査で、内閣支持率は、FNNが15.9%(前回比1.6ポイント減)、毎日新聞が17%(同2減)、朝日新聞が17%(同3減)。FNNが「総選挙での投票政党」を聞いたところ、民主46.0%、自民23.7%と、自民党は末期的状況なのだ。

 「反乱軍」の中には、「自分の主張が入らなければ、補足する努力をするのが政治家」(中川氏)、「私は新生自民党だ、と訴える手もある」(武部氏)などと、党のマニフェスト(政権公約)とは別に、独自のマニフェストを掲げ、事実上の分裂選挙を戦おうとする動きがある。

 ただ、こうした動きに対して政府高官は「独自の政権公約は有権者を欺く行為。公認しない可能性もある」と言い放ち、「反乱軍」の除名や離党勧告をチラつかせる。

 実際、「反乱軍の8割は情勢調査で『落選危機』と判断された人」(永田町事情通)。民主党に追い風が吹く中、自民党公認を外され、無所属で小選挙区に出馬すれば、比例区復活の目は完全になくなる。「反乱軍」が腹を決めきれないのは、政策や政治的信念ではなく、私利私欲、自分の議員バッジを計算しているからだ。

 「反乱軍」の評論家的存在、加藤紘一元幹事長は「全国を見れば目も当てられない。150議席を超えられるかという状況だ」と分析した。
 40日後、自民党は終焉を迎えるかもしれない。



  お読みになりましたらぜひクリックをお願いします。
    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ  
Posted by おだっちのなたね油 at 19:38Comments(0)政  治

2009年07月19日

食うか食われるかの戦いだ?


 -----------------------
   小沢民主 公明党と全面戦争
   (07月19日10時00分 / 提供:ゲンダイネット)
 -----------------------

 ずっと民主党が候補者を決めず、「空白区」のままだった兵庫8区から新党日本代表の田中康夫参院議員が出馬することになった。民主党からの要望に応えたもので、来週の衆院解散後に正式発表される。

 兵庫8区は公明党の冬柴鉄三前幹事長の地元。自民党は候補を立てず、冬柴候補を全面支援している。

 「この兵庫8区と、太田代表の東京12区を民主党は空白区にしてきた。公示日直前に弱い候補を立てて公明党に恩を売り、自公の間に亀裂を入れるという見方もあった。でも民主党が田中代表をぶつけてきたということは、ガチンコ勝負をするということ。選挙を仕切る小沢代表代行は公明党・創価学会との全面戦争を決意したことを意味します」(政界事情通)

 公明党サイドは「冬柴氏はずっとヘビの生殺しのようなものだった。相手が決まった方が戦いやすい」と言うが、兵庫8区は、マスコミの世論調査などで、相手も決まっていないのに冬柴候補はいつも劣勢。顔も名前も売れた田中康夫氏が出馬となれば、一巻の終わりだ。

 残る東京12区は、小沢代行の国替え説がくすぶっているが、ここでも民主党は目玉候補を擁立することになりそうだ。
  (日刊ゲンダイ2009年7月16日掲載)

 ----------------------
   自民の大物長老27人 何人生き残れる?
   (7月19日(日)10時0分配信 日刊ゲンダイ)
 ----------------------

 自民党の長老たちが震え上がっている。きっかけは、都議選を振り返った民主党・小沢代表代行の分析だ。民主党が定数8に4人の公認候補を立てた大田区では、30代の新人2人が当選し、50代と60代の現職2人が落選した。選挙分析に長(た)けた小沢は「風を受け止められない候補者はベテランでも飛ばされてしまう」と冷静に言い切っている。追い風が吹く民主党でも、変化への期待を受け止められなければ、50代でも落選してしまうのだ。ましてや大逆風の自民党ともなれば、高齢ベテラン組は絶望的だ。

「最近の首長選を見ても、千葉市長選、横須賀市長選、奈良市長選と、自民党のベテランが野党系の若者にコロリとやられている。都議選でも千代田と中央区の大ベテランが討ち死にだった。有権者は候補にも大きな変化を望んでいるのです。この傾向を読み切った小沢代行は、党内のベテラン組へのテコ入れを強めると同時に、自民党の長老議員たちに対して全滅作戦を練り直していますよ」(民主党事情通)

 で、自民党の70代以上の長老議員を調べてみた。息子のような38歳の若手と戦う山梨2区の堀内光雄元総務会長(79)を筆頭に、絵に描いたような哀れ長老議員が多い。27人中、果たして何人が永田町に戻ってこられるか……。
 
 今日、自民党青森1区の津島雄二(79)衆議院議員が、今期で引退することを表明した。

 【自民党の高齢議員】
 青森1区津島雄二・79/秋田1区二田孝治・71/山形3区加藤紘一・70
 群馬1区尾身幸次・76/群馬2区笹川尭・73/群馬3区谷津義男・74
 群馬4区福田康夫・73/埼玉7区中野清・73/山梨2区堀内光雄・79
 東京1区与謝野馨・70/東京2区深谷隆司・73/東京16区島村宜伸・75
 石川2区森喜朗・72/静岡3区柳沢伯夫・73/静岡6区倉田雅年・70
 愛知9区海部俊樹・78/愛知12区杉浦正健・74/京都1区伊吹文明・71
 大阪1区中馬弘毅・72/大阪17区岡下信子・70/大阪18区中山太郎・84
 兵庫4区井上喜一・77/和歌山3区二階俊博・70/香川3区大野功統・73
 福岡2区山崎拓・72/佐賀3区保利耕輔・74/鹿児島1区保岡興治・70
  (日刊ゲンダイ2009年7月16日掲載)


  お読みになりましたらぜひクリックをお願いします。
    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ
  

Posted by おだっちのなたね油 at 14:53Comments(0)政  治

2009年07月18日

“みぞうゆう”な出来事

 自民党総裁として
 身内の声を自ら指示して
 党幹部に議員を集めさせて堂々と
 聞く耳を持つこともできないで、
 自分は逃げも隠れもしないなどと
 記者の前で強がりを誇示している。

 ように国民には映るだけである。
 
 21日解散の一時間前に集めて
 話の中身は国民にドアをしめきって
 シットアウト。
 政権与党としての自信のなさの現れである。

 半世紀にわたって政権担当政党として
 この間の出来事は日本の政治史に
 “みぞうゆう”(未曽有)な
 出来事であったと記録されるだろう。

 -------------------------
 石原都知事、麻生首相に皮肉…
 自民幹事長の都議会での陳謝に「“みぞうゆう”なこと」
  (07月18日08時15分 / 提供:スポーツ報知)
 -------------------------
 東京都の石原慎太郎知事(76)が17日、定例会見で迷走を続ける自民党を痛烈批判した。

 「非常に優れた卓抜な総理大臣を頂くといろいろと混乱があるようですね」と皮肉交じりに切り出すと、「国政の(自民党)幹事長が都議会に来て陳謝するなんて、まさに“みぞうゆう”なこと」。麻生首相が「未曽有」を「みぞゆう」と読み間違ったことをマネして混乱の続く自民党をバッサリ。

 自民党内紛のあおりを受け、都議選では自公が過半数を割る事態に。第一党となった民主党は新銀行東京の撤退や、築地市場の移転に反対しており、難しいかじ取りを強いられることが予想される。民主党には「代案を示した上で、冷静な開かれた議論をしてほしい」と注文をつけたが、期待感も示し、「日本という国家の官僚支配、太政官制から続いている体制を、ぶっ壊すだけの端緒をつけたら歴史的な意味がある」と述べた。

 また、会見前には大阪府の橋下徹知事(40)と会談。全国知事会で各党のマニフェストを採点することが決まり、橋下知事からは「点数をつけてほしい」と協力を要請され、「評価するのはやぶさかではない」と快諾した。ただ、点数が高い党を支持するかについては、難色を示した。

 --------------------
 (スポーツ報知>社会)
 石原都知事
 麻生首相の衆院選表明に「とち狂ってる」
 --------------------
 石原慎太郎東京都知事は14日、麻生太郎首相が表明した8月30日投開票の衆院選について、記者団に「とち狂ってるんじゃないか。不信任が党の中から出てくるのを防いだだけだ」と切り捨てた。

 知事は「世の中、軽蔑ほど怖いものはない。漢字が読めないとか、(言動が)ジグザグすることは決定的なこと。侮蔑が政治家にとって一番つらい」と首相を酷評した。

 一連の地方選敗北をめぐり辞意を示した自民党の古賀誠選対委員長にも触れ「古賀君も芸人の芸にたぶらかされて、大恥かいた。あの騒動も相当マイナスになった」と述べた。



  お読みになりましたらぜひクリックをお願いします。
    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ
  

Posted by おだっちのなたね油 at 13:26Comments(0)