さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2010年02月28日

谷垣執行部総スカン 


    谷垣執行部総スカン 自民腰砕け審議復帰決定のお粗末
 

   谷垣自民のカラ威張りは3日しかもたなかった。

 自民党は25日午前、党本部で臨時役員連絡会を開催。横路孝弘衆院議長に対する不信任決議案と、松本剛明衆院議院運営委員長(民主)の解任決議案を同日中に提出することを決めた。

 その後、谷垣総裁が記者会見して「不信任案を出して、結論が出ればその結論に従ってやっていく。戦いの場は院内での議論に移る」と、審議復帰方針を表明した。

 「谷垣執行部の完全な判断ミスでした。長崎県知事選に勝ったことで、執行部はすっかり強気になり、勝利翌日の22日から審議拒否に突入した。ところが、公明、共産、みんなの党の野党3党は“国民の支持が得られない”と同調せず、自民党内からも批判の声が上がるありさまでした。ビビった執行部は審議復帰の口実を探していたのが実情です」(政界関係者)

 まともな政策論争ひとつできず、政治とカネで不毛な追及を繰り返すだけの無能自民。審議拒否で小沢幹事長の証人喚問を要求したところで、民主が応じるわけがない。他の野党ばかりか、身内からも相手にされない大醜態を演じた谷垣執行部の求心力は低下の一途だ。

 「もはや谷垣が何を言っても説得力を持たない。夏の参院選を前に、4月あたりに分裂の動きが表面化してもおかしくない状況です」(政治ジャーナリスト)いよいよ消滅の運命だ。

(2010年02月28日/ 提供:ゲンダイネット)



 お読みになりましたらぜひクリックをお願いします。
    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ
  
Posted by おだっちのなたね油 at 20:16Comments(0)政  治

2010年02月28日

血まなこ候補者探し



    森喜朗元首相 血まなこ候補者探し


  ●結婚式、国母批判、舞台出演まで…

「近ごろ、やたらと目にするなあ」――。スポーツ紙記者の間で森喜朗元首相(72)が話題になっている。スポーツ界や芸能界の行事に毎日のように出没しては、デカイ顔をしているからだ。

 今月4日には女優かとうかず子出演の舞台に医師役で特別出演。14日は大関・琴欧洲の結婚式に登場し、15日はサッカーW杯の日本招致委員会に特別顧問として出席。

 17日に日本ラグビー協会理事会で五輪スノボー国母問題に触れ、「われわれは襟を正して不祥事を起こさない」と批判すると、19日には藤田まことの葬儀に参列した。

 政治とはカンケーないところで、目が回るような忙しさなのだ。

 森元首相といえば、早大ラグビー部出身で文教族のドン。スポーツ界にガッチリ食い込み、日本体育協会会長、日本ラグビーフットボール協会会長、日本オリンピック委員会理事など、山ほど肩書を持っている。

「芸能界にも顔が広い。ハナ肇と家が近所で親しかったことから、ハナ肇の付き人だったなべおさみなどを通じ、芸能界人脈を広げたといわれている」(政界事情通)

 野党に転落してヒマになったし、少しでも存在感を発揮したいのだろうが、それにしたって最近のスポーツ界、芸能界への入れ込みようは異常としか思えない。ある永田町関係者がこう言う。

「参院選の候補者探しですよ。なにしろ、民主党の小沢幹事長による自民支持団体の切り崩しはすさまじい。日歯連をはじめ、あらゆる業界や団体が、カネと力を失った自民党にソッポを向き始めた。票を見込める候補者が見つからないのです。学者や評論家などテレビ知識人だって今の自民党から出ようとはしません。結局、最後に残ったのが森元首相の顔が利くスポーツ界と芸能界。で、あちこちに出没してはスカウトの機会を狙っているのでしょう」

 確かに、自民党の候補に名前が挙がっているのは、スピードスケートの岡崎朋美やシドニー五輪競泳銅メダリストの源純夏、元プロ野球選手の石井浩郎、王貞治ソフトバンク球団会長の次女・王理恵さんらスポーツ関係者か、元セクシー女優の田島みわさん、美人すぎる八戸市議の藤川優里ら“タレント組”ばかり。

 当の自民党も、森センセイのハッスルには迷惑しているんじゃないか。

 (2010年02月28日 / 提供:ゲンダイネット)


 お読みになりましたらぜひクリックをお願いします。
    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ

  
Posted by おだっちのなたね油 at 20:15Comments(0)政  治

2010年02月28日

宮里藍、米ツアー44年ぶり快挙



    宮里藍、開幕2連勝=米ツアー44年ぶり快挙
    -女子ゴルフ



 【シンガポール時事】
 米女子プロゴルフツアーの第2戦、HSBC女子選手権は28日、当地のタナメラ・カントリークラブ(パー72)で最終ラウンドが行われ、首位タイでスタートした宮里藍(24)が通算10アンダーで開幕から2週連続優勝を飾った。

 米ツアーでの開幕連勝は1966年のマリリン・スミス(米国)以来44年ぶり5人目で、米国人選手以外では史上初。

 宮里は米ツアー通算3勝目。次は日本ツアー開幕戦のダイキンオーキッド・レディース(3月5~7日、沖縄・琉球ゴルフ倶楽部)に出場予定で、米ツアー第3戦の起亜クラシックは3月25~28日に米カリフォルニア州で行われる。 

(2010年2月28日(日)配信/時事通信)




 お読みになりましたらぜひクリックをお願いします。
    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ
  
Posted by おだっちのなたね油 at 19:41Comments(0)出来事

2010年02月28日

安藤美姫、今でも怖い”


    安藤美姫
    “日本の人の声は気になったり、今でも怖い”



 日本テレビ「バンクーバー2010」(27日放送)には女子フィギュアスケートで活躍した安藤美姫&鈴木明子が出演、大舞台での演技から一夜明け、その心境を語った。

 「トリノと比べると、落ち着いて一日一日を過ごせて、メダルが目標だったので、残念だったんですけど、演技自体はオリンピックの舞台でミスなく終われて幸せでした。

 スケートやっててよかったな。初めて心から幸せだなと思えた」という安藤に、パーソナルベストを出し8位入賞を果たした鈴木明子は「無事に終わってホッとしています。

 想像していた通り、緊張するだろうなと思って入ってきていたので、予想通りすごい緊張感はあったんですけど、会場の空気感を目で見て、耳で感じて、肌でも感じられるようにしたいなと思って、そこから滑り出したいと思っていた」と振り返った。

 また、日本女子フィギュア勢で唯一トリノ五輪を経験している安藤は、前大会と比較したプレッシャーの差を訊かれると、「日本の人の声は気になったり、今でも怖い。どうやって言われるだろうとか。

 でも、そういうものを全日本で出してしまってジャンプの失敗に繋がったので、今回は一つの作品として、とにかく難易度を下げてでも一つの作品として滑りたかった」と明かし、そのプレッシャーの重さを感じさせた。

(2010年02月28日/ 提供:Sports Watch)




 お読みになりましたらぜひクリックをお願いします。
    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ




  
Posted by おだっちのなたね油 at 19:40Comments(0)出来事

2010年02月28日

今日の菜の花


  2月23日から26日まで岩手県内の一関市大東町と
  雫石町の菜の花栽培やナタネ油搾りなどの
  取り組み等について調査して帰りました。

  2月も28日よりない今年、
  先週は暖かな日々が続いていたため
  今日の菜の花畑も雪がすっかり消えていました。

















   体験会で種まきをした菜の花も
   昨年10月末に間引きをしてから冬ごもりに入り、
   雪の消えた今日の菜の花の状態から
   5月には真っ黄色な花が咲ける状態になっていました。









   岩手県雫石町の菜の花は雪に覆われていましたし、
   一関市大東町の菜の花は、
   棚田の転作田に栽培されていますので、
   排水があまりよくない状況にあり
   菜の花の成長が遅れていました。






 お読みになりましたらぜひクリックをお願いします。
    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ


  
Posted by おだっちのなたね油 at 15:17Comments(0)まちの風景

2010年02月27日

鳩山首相 高知県を視察…



    鳩山首相 高知県を視察…3度目の地方行脚
 

 鳩山由紀夫首相は27日、高知県内を訪れて商店街や老人ホームなどを視察した。先月の栃木県、山梨県に続く3回目の「地方行脚」だが、高知は民主党が圧勝した昨年の衆院選でも県内3選挙区で公認候補が比例復活さえできなかった「民主空白県」。

 視察の合間に今夏の参院選で改選される民主党参院議員の事務所開きに足を運ぶなど、選挙対策の色彩も目立った。

 首相は同日、同県香南市の青果市場や商店街などを視察。その後、高知市内で尾崎正直知事らと意見交換し、地方分権について「地域でどうしてもできないことだけ国がやればいい。そっと背中を支える役割だ」と持論を展開した。

 その後、参院議員の事務所開きであいさつ。「戦後初めて政権交代が皆さんの力で成し遂げられた。ちょっと寂しいのは高知県、衆院選では、なかなか大変厳しかった。

 だからこそ、この悔しさをバネに(立候補する参院議員が)頑張ってくれる」とハッパをかけた。さらに、近くの公園で予定外の街頭演説を行うほどの力の入れようだった。【影山哲也】

(2月27日20時20分配信 毎日新聞)


 お読みになりましたらぜひクリックをお願いします。
    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ
  
Posted by おだっちのなたね油 at 20:38Comments(0)政  治

2010年02月27日

なりふりかまわず?



    なりふりかまわず?小沢の逆襲! 
    創価学会と接触も
 


 26日午後、国会内 民主党の小沢一郎幹事長が、夏の参院選に向けて自民党寄りだった団体や勢力の切り崩しを活発化させている。

 26日には新たに7団体が、小沢氏に民主党を支援する方針を伝えた。21日の地方選で連敗し、自らの「政治とカネ」問題が原因と指摘されて求心力が低下したが、この“逆襲”を見る限り、剛腕ぶりは健在のようだ。

 26日夕の国会内。日本臨床衛生検査技師会、日本放射線技師会など医療技術者でつくる7団体の会長が、小沢氏と会談し、参院選で民主党を支援する方針を伝えた。

 7団体の会員数は約16万7000人で、関係者によると、これまで自民党を支援しており、小沢氏が進める業界団体の切り崩しが奏功した形だ。

 出席者によると、小沢氏は「力を合わせて医療を向上させていこう。抵抗があって押し切らないといけないときは、自分が出る」と満足げだったという。

 21日の長崎県知事選と東京都町田市長選に敗れ、翌22日の記者会見で、小沢氏は自らの「政治とカネ」が一因であると認めた。しかし、参院選については「どんなことがあっても勝てる体制をつくる」と意欲満々。自民党支持団体の切り崩しはその一環だ。

 すでに19日、自民党から組織内候補を擁立してきた日本歯科医師会の政治団体「日本歯科医師連盟」が、参院選の全国比例で民主党が擁立する歯科医出身候補を支援すること正式決定した。

 「小沢氏は地方行脚を団体などに前もって告知し、出席するかどうかで踏み絵を踏ませる」と、政治ジャーナリストの角谷浩一氏が解説する。

 「強権的かもしれないが、自分たちの主張を政策に反映させたい業界団体や組織、これまで与党だった議員は、これになびく。求心力が低下したタイミングで7団体が支援を約束したことは、小沢氏の影響力を誇示することにもなった。今後も切り崩しは進むだろう」と話す。

 選挙区でも、岐阜県連が25日、岐阜選挙区(改選数2)に、現職に続く2人目の候補として自民党の松田岩夫参院議員の政策秘書、小見山幸治氏(47)を擁立する方針を固めた。

 岐阜県は民主が圧勝した2009年の総選挙でも、5選挙区で民主3自民2で、自民党が強い地盤だが、この一本釣りで地殻変動が起こる可能性がある。

 永田町関係者は「島根で青木幹雄氏の刺客として地元テレビ局のアナウンサーの刺客を立てたのと同様に、自民党の強い地域をつぶしにかかっている」と話している。

 さらに一部報道では、小沢氏が26日夜、公明党の支持母体である創価学会幹部と会談したという。これまで距離を置いていた公明党にまで“食指”を伸ばすのかどうか、今後、憶測を呼びそうだ。

 一方の自民党は、日本経団連が企業・団体献金への組織的関与を中止する方針を固めたことで、資金難が直撃する可能性が高い。

 小沢氏側近が「政権与党ってこんなに選挙に有利なんだ。これで大敗した自民党は情けないというしかない」と語る一方、非小沢系議員は「団体を固めても、政治とカネで国民にそっぽを向かれては単独過半数は難しい」と話している。

2010年02月27日17時00分 / 提供:ZAKZAK(夕刊フジ)



 お読みになりましたらぜひクリックをお願いします。
    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ
  
Posted by おだっちのなたね油 at 20:37Comments(0)政  治

2010年02月27日

自民2議員が会長辞任へ



    <農業共済連合会>自民2議員が会長辞任へ


 自民党の大村秀章、保利耕輔両衆院議員は、それぞれ愛知県と佐賀県の農業共済組合連合会会長を辞任する意向を明らかにした。

 赤松広隆農相が「政治家がトップを務めるのは望ましくない」として交代を求めたことを受けた措置。

 両氏辞任で国会議員が会長を務める連合会はなくなり、公的団体の政治的中立を求める鳩山政権の考え方が貫かれる。

 農業共済は、農家が加入する公的保険制度。掛け金や事務費の半額を国が負担している。農林水産省は今年1月、議員らによる会長職兼務を解消するよう求める担当局長名の通知を出した。

 毎日新聞の取材に対し、大村氏は「農業共済連が政治的と見られるのは本意でない」と、保利氏は「地位に固執しない」と話した。【太田圭介】

      (2月27日配信 毎日新聞)

 お読みになりましたらぜひクリックをお願いします。
    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ



  
Posted by おだっちのなたね油 at 20:36Comments(0)出来事

2010年02月27日

報酬公表されちゃ困るアホな経営者が??



    亀井金融相「報酬公表されちゃ困るアホな経営者がいる」


 亀井静香金融相は26日の会見で、企業の1億円以上の役員報酬を個別に公表する案に絡んで、「公表されちゃ困るとアホな経営者もいるけど、さらされるのが格好悪いなら、ちゃんと仕事をしろ」と発言した。経済界から慎重論が相次いでいるが、金融庁として方針通り2010年3月期決算から適用する考えだ。

 亀井氏は「上場企業は社会的責任があり、公務員も政治家の給料も公表されている」と指摘。上限を規制しているわけではないとして、「1億円以上の給料をとっても、それにふさわしい仕事をしているんだと胸を張ればいい話。どうかなあと思う人は控えればいい」と述べた。

 金融庁は12日に情報開示の内閣府令改正案を発表。株主ら外部からの監視機能が期待できるとして、今期の決算から適用する方針だ。これに対し、全国銀行協会の永易克典会長や東京証券取引所の斉藤惇社長らから、慎重な対応を求める声が出ていた。

          (asahi.com)



 お読みになりましたらぜひクリックをお願いします。
    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ
  
Posted by おだっちのなたね油 at 13:20Comments(0)政  治

2010年02月27日

民党総務会で批判噴出

 

    審議拒否戦術、自民党総務会で批判噴出
 

 自民党が24日まで続けた審議拒否戦術について、
 26日の党総務会で批判が相次いだ。

 大島幹事長は
  「週末、街頭演説して民主党の横暴さを
  国民に訴えてほしい」と要請したが、
  大島氏の退席後、平沢勝栄総務副会長は
  「審議拒否の理由が我々も分からないのだから、
  国民も分からない。
  街頭演説をやれと言われても出来ない」と述べた。

 菅原一秀遊説局長は「
  けさも駅頭で『街頭に立つ暇があれば国会に出ろ』
  と言われた」と不満を述べた。

(2月27日配信 読売新聞)



 お読みになりましたらぜひクリックをお願いします。
    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ
  
Posted by おだっちのなたね油 at 12:35Comments(0)政  治

2010年02月27日

<外国人選挙権>先送り



    <外国人選挙権>先送り 反対の国民新に配慮 政府方針


 政府は26日、永住外国人に地方選挙権を付与する法案について、政府提案による今通常国会への提出を見送る方針を固めた。連立を組む国民新党が反対しており、原口一博総務相は同日の閣議後の記者会見で、「連立与党内で立場が異なり、政府提案はなかなか難しい」と表明。与野党内で議員立法の動きが広まるかが焦点となる。

 地方選挙権法案を巡っては、民主党の小沢一郎幹事長の意向を踏まえ、同党が昨年末、政府に検討を要請。鳩山由紀夫首相も同調していたが、平野博文官房長官は26日の記者会見で「連立(与党)の合意を取らなければ、政府から提出するのは大変厳しかろう」と述べ、政府提案は困難との見通しを示した。

 国民新党は「選挙権を付与すると、日本人との間で民族間の対立を招きかねない」などとして、法案提出に反対姿勢を崩していない。

 原口氏は26日の記者会見で「総務省内で議論の整理をしたが、民主主義の基本にかかわる。国会の場でしっかりご議論いただくことが大事だ」と述べ、議員立法で検討すべきだとの考えを示した。【横田愛、石川貴教】

(2月27日配信 毎日新聞)



 お読みになりましたらぜひクリックをお願いします。
    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ
  
Posted by おだっちのなたね油 at 12:34Comments(0)

2010年02月27日

<事業仕分け>“隠れ天下り”にもメス



    <事業仕分け>公益法人は7基準で 
      “隠れ天下り”にもメス



 枝野幸男行政刷新担当相は26日午前の記者会見で「事業仕分け第2弾」の対象とする公益法人を選定する7基準を発表した。

 6000を超える国所管の公益法人から、官僚OBの天下り人件費に国費が流用されるなど非効率な運営が行われている可能性の高い法人を抽出し、11年度予算編成で公益法人に対する事業委託や補助金の無駄遣い削減につなげたい考えだ。

 枝野氏が示した7基準は(1)07年度時点で国または独立行政法人から1000万円以上の公費支出を受けた(2)法令で国から権限を付与されている(3)収入に占める公費からの支出が5割以上(4)天下りを受け入れている(5)財産が10億円を超える(6)地方自治体から支出を受けている(7)国からの公費支出を受けた法人のうち、その事業をさらに外部に委託している。

 政府は「天下り」について「省庁のあっせん」があることを要件として定義しているが、枝野氏は「(あっせんが確認されない)隠れ天下りも含める」と幅広く官僚OBを受け入れている公益法人を対象とすることを強調した。

 そのほか、(5)の基準については公費をため込んでいる法人を探す目的があると説明。(6)に関しては「私は『みかじめ料』と呼んでいるが、地方自治体から事実上強制的にカネを出させている団体(がある可能性がある)。国民の税金ということに変わりはない」との見方を示した。

 7基準に加え、23日から行政刷新会議の通報窓口「ハトミミ・com」で募集している公益法人関係者からの「内部告発」情報と組み合わせて仕分け対象を選定する方針。最終的な対象法人数について枝野氏は「分かればスクリーニング(抽出)する必要はない」と述べるにとどめ、7基準に該当する法人数からさらに絞り込む考えを示した。
【影山哲也】

(2月26日配信 毎日新聞)


 お読みになりましたらぜひクリックをお願いします。
    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ
  
Posted by おだっちのなたね油 at 12:32Comments(0)政  治

2010年02月27日

ぶら下がりを拒否、記者クラブに勝利(3)


   ぶら下がりを拒否した岡田大臣と、
     記者クラブに勝利した亀井大臣に拍手(3)



 すでに党では、小沢一郎幹事長が一貫して、フルオープンでの記者会見を続けているし、来週には、これら健全な政治とメディアの関係を構築しようとする閣僚の列に、小沢鋭仁環境大臣も加わる予定だ。
 
   亀井大臣の熱意に折れて記者クラブが方針転換

 小沢環境大臣の会見方式は、おそらく亀井大臣と同じ方式の「1日2回の記者会見」になる見込みだ。それは記者クラブ側が主催権を主張することによって発生している問題なのだが、当コラムでも再三繰り返してきたように、不健全な会見方式だと断言せざるを得ない。(本コラム第97回「亀井大臣に同じ会見を2度行わせる、記者クラブの呆れた抵抗」参照)http://diamond.jp/series/uesugi/10097/

 だが、当の亀井大臣会見については朗報が入ってきた。3月12日、記者クラブ側の方針転換によって、すべての記者による同時参加での会見開催が決まったのだ。

 これまで非記者クラブメディアとの同席を頑なに拒んできた「財研」(金融庁記者クラブ)だが、ついに亀井大臣の熱意の前に折れた形となって、同時開催を逆打診してきたのだ。

 これは、記者クラブ側の完全な方針転換といえるが、筆者はそれを記者クラブの敗北とはあえて言わない。

 なぜなら単にそれは、ようやく金融庁に、世界標準での記者会見がもたらされることになったに過ぎないからだ。

 国民の知る権利のために、政治家が既得権と戦い、メディアが不公平な状況を守る現在の日本の記者クラブシステムは、異常以外の何ものでもない。

 記者クラブメディアは一体いつまでこうした古びて不健全な既得権益にしがみついていれば気が済むのか。

 そうしている間にも、日本のメディア界は、世界の情報産業の現状から完全に取り残され始めている。

 日本の政治とメディアの深刻なガラパゴス化は、すでに現実化し始めている。

【週刊 上杉隆】 2010年2月26日(金)配信


 お読みになりましたらぜひクリックをお願いします。
    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ


  
Posted by おだっちのなたね油 at 12:31Comments(0)政  治

2010年02月27日

ぶら下がりを拒否、記者クラブに勝利(2)


   ぶら下がりを拒否した岡田大臣と、
    記者クラブに勝利した亀井大臣に拍手(2)



 じつは岡田大臣が首相官邸で番記者たちの質問に答えないのは、その後に外務省内での正式な記者会見が控えているからだ。そこにはフリーランスや海外メディア、ネット、雑誌、専門誌などの記者たちが待っている。

 つまり岡田大臣は、ぶら下がりという非公式な会見ではなく、正式な会見で対応しようとしているだけなのである。

 しかも、岡田大臣は就任直後にもこのぶら下がり会見の廃止を記者クラブ側にずっと求めてきた。これまでは「妥協」という形で霞クラブ側の要望に応えて我慢してきたのだが、今回、それを解除しただけの話なのである。

 ところが、記者クラブ側の反発は強い。翌日の会見でも、読売新聞の記者からこの点についての質問が飛んだ。

  少し長くなるが、重要なやり取りなので質疑応答の一部を紹介しよう。

〈閣議後の会見ということで、他の閣僚の方々は閣議の直後にずっとやっていらっしゃいます。結局大臣だけが閣議後のぶら下がり会見も含めて取材の機会がなくなるということで非常に記者として残念なことですが、閣議後の会見というのは、この会見もそうですが、あらゆる重要政策、或いは政局についてタイムリーな話についても政治家としての大臣の見解をお伺いしたいということも非常にある訳です。

 その中で、閣議後のぶら下がり取材の機会は我々の貴重な機会として、削減をして欲しくなかったという点では非常に残念です。「閣議のこと以外は発言しない」という括りを最初にされたのは大臣のお考えですが、閣議以外のことも是非聞ける機会として閣議直後のぶら下がりは是非続けて欲しかったということですが、閣議直後に他の閣僚の方々全員に対してお話をお伺いしたいときに岡田大臣だけ(話が)聞けない、或いは岡田大臣だけが「発信がない」となることについて、改めて大臣の見解をお伺いします〉(読売新聞記者)

  この質問に対して、岡田大臣はこう答えている。

〈今のお話だけ聞けば何か取材を制限しているように聞こえますが、全体を見て考えて頂きたいと思います。どこの省庁で、オープンで、そして1時間近く毎週2回、こういう形で会見をしている、そういう大臣がいるだろうかということです。閣議直後が良いか、それとも改めてこういった形で行ったほうが良いかということは、最初に随分議論を致しました。

閣議直後に官邸内や国会の中であれば、それは一部の人しか参加出来ない、端的に言えば記者会の皆さんしか参加出来ない、後の人はなかなか入るのが容易ではない、そういう中で取材の機会が偏ってしまうので、それよりはこのような会見の場で、オープンで取材機会に偏りがない中でやるべきだというのが私(大臣)の基本的な考え方です。

 そういう(会見を)オープンにしていない大臣が国会の中や官邸でされるのは、それは一つの考え方だと思いますが、私(大臣)が見ていても、長くても10分か20分で(会見が)終わっている大臣が多いと思います。これだけ長時間、いろいろな質問に答えている大臣はあまりいないのではないかと思います。どちらが良いかという選択の問題、特にその選択というのは、それは聞き手である国民の皆さんにとってどちらが良いかという観点で決められるべき問題だと私(大臣)は思います〉(外務大臣会見録/外務省HP)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/kaiken/gaisho/g_1002.html#6

 この答えを聞いて、当コラムの読者はどう考えるか。

【週刊 上杉隆】 2010年2月26日(金)配信


 お読みになりましたらぜひクリックをお願いします。
    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ

  
Posted by おだっちのなたね油 at 12:25Comments(0)政  治

2010年02月27日

ぶら下がりを拒否<記者クラブに勝利(1)


    ぶら下がりを拒否した岡田大臣と、
     記者クラブに勝利した亀井大臣に拍手(1)



 【岡田外相が閣議後の取材を拒否へ 外務省記者クラブへ通告へ】

  岡田克也外相は18日までに、閣議後に首相官邸や国会内で行っていたぶら下がり取材に今後応じない意向を外務省記者クラブに通告した〉(産経新聞3月18日WEB版)

 最初に筆者の立場を明確にしておこう。筆者は、今回の岡田大臣の決断を完全に支持する。

 まず、指摘しておきたいのは、新聞各紙が「岡田大臣の取材拒否」と書いているが、それは事実と若干異なるということだ。

 なぜなら、就任以来、火・金曜日の閣議後の大臣会見を一貫してフルオープンで開催し、現在もそれを継続している人物こそ岡田大臣その人だからだ。

 鳩山内閣の閣僚で取材機会の公平性と平等性に最も腐心してきたのは、他でもない岡田大臣である。それは、政治取材をしているジャーナリストたちに問えば、間違いなく共通の認識になっていることを知るであろう。

 にもかかわらず、新聞・テレビなどの記者クラブメディアからの岡田大臣に対する風当たりは強い。なぜか。記事の続きをみてみよう。

 岡田氏側は、閣議や閣僚懇談会での発言は、あらかじめ用意された発言要領以外は公表しないと閣内で申し合わされていると指摘。閣議があった日の午後には記者会見をしているが、これまでも閣議後の取材は短時間で済ませていた。

 記者クラブ側は、民主党政権の閣議では実質的な議論が行われているとされているため、閣議後の取材機会は重要と主張。しかし、岡田氏は、2月に入ってからぶら下がり取材に対し「何もありません」と言うだけで、後の質問は無視して立ち去るケースが続いていた〉(同産経新聞)

【週刊 上杉隆】 2010年2月26日(金)配信


 お読みになりましたらぜひクリックをお願いします。
    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ


  
Posted by おだっちのなたね油 at 12:12Comments(0)政  治

2010年02月22日

政務調査で岩手県へ


  明日23日朝8時自宅を出発し、

  26日までの3泊4日の日程で、

  東北地方岩手県内の葛巻町

  紫波町、一関市大東町、雫石町などを

  調査してきます。

  当初、秋田県大仙市の調査も予定していましたが

  日程が厳しく今回は中止としました。


  調査結果報告書は、

  帰宅後まとめましたら公開致します。

 23日  岩手県葛巻町(北緯40度ミルクとワインとクリ-ンエネルギ-の町くずまき)
 調査事項

 電源開発株式会社わが町で平成23年度から14基28,000KWの風力発電事業を実施するに当たり、岩手県葛巻町は平成17年に電源開発株式会社を誘致し12基、22,000KWの風力発電事業を実施。
 クリ-ンエネルギ-の町として、「葛巻町省エネルギ-ビジョン」を策定し、風力、太陽光、水力、家畜糞バイオマス、木質バイオマス等の事業に取り組み、住民の住宅にまで省エネルギ-の町づくりを進めていることについて調査を行う。

24日   岩手県紫波町
 調査事項
 
 上ノ国町は21年6月より町情報交流館文珠の一部を改修し、農漁業者の生産者協議会を組織し、農蓄水産物等の販売に取り組み始めたところである。
 紫波町は、資源循環、環境創造、環境学習、交流の4つの基本計画に基づき、循環型まちづくり条例を制定している。
 資源循環のまちづくりにおいて、自然の恵みを大地にかえす・有機資源の100%循環活用を目指して農業の振興を図っており、農業者が安全安心な農産物等の直販組織が多数活動している直販農業者の取り組み等について調査する。

25日  岩手県一ノ関市大東町
調査事項

 大東町地区の女性グル-プ「ふるさとの味研究会」等の会員が中心となり、豊かな農村景観と豊かな食生活を守るため、地域内資源循環型農業に取り組み、新たな農産商品の開発と販売をしている経緯と経過について調査し、町単独事業施策によるバックアップ体制についても調査する。

25日  岩手県雫石町
 調査事項

 資源循環型農業による障がい者の雇用の場を確保し、グリ-ンツ-リズムの取り組みを進めている。
 雫石町農産物認証制度の実施、観光ビジョン行動計画の策定実施等について調査を行う。

 

 お読みになりましたらぜひクリックをお願いします。
    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ

  
Posted by おだっちのなたね油 at 21:04Comments(0)議員活動

2010年02月22日

後期高齢者医療で上げ幅抑制を示唆



    <衆院予算委>
     後期高齢者医療で上げ幅抑制を示唆 厚労相

 

 衆院予算委員会は22日、鳩山由紀夫首相と関係閣僚が出席して「経済・外交」に関する集中審議を行った。長妻昭厚生労働相は、75歳以上の人が加入する後期高齢者医療制度の10年度保険料について、引き上げ幅を全国平均で3%程度に抑える意向を示した。
同省は昨年11月末時点で約14%上昇するとの見通しを示し、後期高齢者医療制度を運営する各都道府県の広域連合に基金の取り崩しなどで保険料を抑制するよう求めていた。

 長妻氏は「後期高齢者医療制度の最大の問題は保険料の上昇スピードが速いことだ。(保険料を抑制する)措置を講じなければならない」と述べた。

 また、鳩山首相は同制度について「1期4年の政権の中で必ず廃止する」と改めて述べた。いずれも高橋千鶴子氏(共産)への答弁。【鈴木直】

(2月22日20時14分配信 毎日新聞)



 お読みになりましたらぜひクリックをお願いします。
    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ
  
Posted by おだっちのなたね油 at 20:37Comments(0)政  治

2010年02月22日

各省政策会議の見直し協議へ



    政府・民主党、各省政策会議の見直し協議へ
 

 民主党役員会は22日、鳩山内閣が政府への政策決定一元化のために新設した各省政策会議の運営に党内の不満が高まっていることを受け、23日に高嶋良充筆頭副幹事長と松野頼久官房副長官らが運営見直しの調整を図ることを確認した。

 小沢一郎幹事長は「決まったことを報告する政策会議ではなく、議員の意見を聞き取る積み上げ方式にしてほしい」と指示した。

 党内には政策調査会復活論があるが、輿石東参院議員会長は「政調復活はありえない」と否定した。

(2月22日20時10分配信 産経新聞)



 お読みになりましたらぜひクリックをお願いします。
    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ
  
Posted by おだっちのなたね油 at 20:36Comments(0)政  治

2010年02月22日

<共産党>地方選で健闘



    <共産党>
     町田、日野市議選で全員当選…地方選で健闘
 


 2月の地方選挙で共産党の健闘が目立っている。21日投開票された東京都の町田市議選と日野市議選でいずれも候補者5人が全員当選したのをはじめ、7日の千葉県匝瑳(そうさ)市議補選(改選数3)では同党の新人候補が2位で当選。

合併に伴う14日の滋賀県長浜市議増員選でも定数1の湖北選挙区で新人候補が勝利した。同党は「一つ一つ確実に票と議席を伸ばしながら参院選につなげたい」(市田忠義書記局長)と手ごたえを深めている。

 共産党によると、匝瑳市議補選と長浜市議増員選湖北選挙区での同党候補の得票は、昨年の衆院選比例代表で同党が得た票の5倍を超えた。特に湖北選挙区では元町会議長ら保守層の応援もあったという。

 ただ、共産党は志位和夫委員長の就任以来、参院選では5議席(01年)、4議席(04年)、3議席(07年)と後退し、3回の衆院選(03、05、09年)はいずれも9議席にとどまった。

地方選での好調が低迷脱出の契機となるかは未知数で、同党関係者は「単発の地方選なら力を発揮できても、国政選挙や統一地方選ではまだまだ地力が足りない」と楽観論を戒めている。【中田卓二】

(2月22日19時42分配信 毎日新聞)



 お読みになりましたらぜひクリックをお願いします。
    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ
  
Posted by おだっちのなたね油 at 20:35Comments(0)政  治

2010年02月22日

<医学部新設>民主党に反対の請願



    <医学部新設>
     民主党に反対の請願 医学部長病院長会議

 

 大学医学部で作る全国医学部長病院長会議(会長・小川彰岩手医大学長)は22日、医学部の新設に反対する請願を民主党や関係省庁に提出したと発表した。

 同会議は一貫して国に医師数を増やすよう求めているが「医学部定員が急激に増えると、教育確保のため病院勤務医が減り、医療崩壊を助長する」と主張している。

 政府は80年代から続けてきた医師養成数の抑制方針を08年度から改め、全国80大学の医学部定員は3年間で1221人増えた。

 同会議は政策転換を評価する一方、大学医学部の新設には▽現場の臨床医を教員として招かねばならない▽数十年後に医師数が充足した時に定員を減らせなくなる--などの問題があると主張。「これ以上の定員増は医師不足対策として逆効果だ」と指摘している。

 大学医学部の新設は、現時点では文部科学省告示により認められていないが、将来的な規制緩和を視野に、複数の私立大学が検討を進めている。【清水健二】

(2月22日19時27分配信 毎日新聞)



 お読みになりましたらぜひクリックをお願いします。
    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ
  
Posted by おだっちのなたね油 at 20:34Comments(0)出来事